会社や商品のネーミングを考えるのは難しいです。

商品のネーミングは、その会社のイメージを考えながら、その商品と上手く語呂を合わせたようなモノが要求されます。また、それ以外の商品との連携も必要で、インパクトが有り、親しみ易く、それでいて言いやすいモノで無いと行けません。語呂合わせなども必要です。恐らくそのネーミングを考えたライターはかなり頭を悩ませるはずです。でも結局最後は鶴の一声で、社長当たりが決定権を握っていると言えるのです。その社長が気に入るような名前を考えることも重要になってきます。その時にネーミングに合わせてロゴマーク等も考えなければなりません。これらを総合的に規格できる人の存在が必要です。デザイナーとライターを上手くコントロールし、その会社にとって最適な名前を考え出せる人物が必要だと言えるのです。意外とこれが難しいと言えるのです。

会社のネーミングでは思いを込める

目標を定めて達成することがあります。最初は苦労しますが、なんとか達成できたとします。それで終わることもありますが、その次に別の目標を定めることがあります。苦労することになりますが、新たなことを達成することができます。人は一定の限界を感じることもありますが、組織であれば継続的にできるかもしれません。だからこそ継続企業になるのです。会社のネーミングにおいて、思いを込めることがあります。常にチャレンジ精神を持って取り組むようなことがあります。そういった時にチャレンジのCを入れたり、アチーブのAを入れたりするのです。そうすることで、常に挑戦し続けていることを示すことができます。社員に対してそういう思いで頑張るように伝えられますし、取引先に対しては、そのような意識で頑張るのでこれからもよろしくお願いしますの意味があります。

会社のネーミングで覚えやすいこと

人の名前において、標準的には苗字と名前がそれぞれ3文字ずつぐらいかもしれません。漢字はそれぞれ2文字です。それくらいであれば覚えることができるでしょう。まれに長い名前の人がいます。覚えることはできても、なかなかその人の名前を呼ぶことができないことがあります。あだ名であったり、省略して言われることがあります。逆に短い名前になると、印象も残り、呼びやすくもなります。そのことから、覚えてもらいやすいことがあります。会社のネーミングにおいては、覚えてもらいやすい事が大事になります。商談をした後に電話をして、どこだったかと言われるようでは厳しい名前になります。人の名前を使ったり、地名を使ったりすることがありますが、それらは良く使われる言葉だからでしょう。もともと長い場合に、省略したものを新たに使うことがあります。