結婚式のプチギフト作成にノベルティのお店が便利

結婚式をあげるとなると、色々と頭を悩ます問題がありますよね。その中の一つに、結婚式の際にお渡しするプチギフトや、引き出物などがあります。私の友人の結婚式での話です。私の友人の結婚式では、プチギフトに新郎新婦の名前がつけられたものでした。なかなかデザインも可愛いもので、もらったほうも嬉しくなるものでした。そのほかの友人でも、そのようなオリジナルのようなプチギフトだったりしたのでこれは、何か流行なのかなと思い、インターネットで私も検索してみました。そうすると今は、ノベルティの専門店って結構インターネットでもあるようです。例えば、プチバッグに、新郎新婦のデザインしたマークを入れてくれるお店なんかもあります。それが、スプーンだったり、グラスだったりプチギフトにできるミニタオルのようなものも沢山ありましたが、どちらかというと、引き出物にできるようなものが多かったです。元となる商品自体、高級感のあるものだったりするのでなんともおしゃれで素敵でした。そして、これは私が思ったのですが、結婚式の引き出物、プチギフトだけではなくて出産の内祝いにもノベルティのお店は役に立ってくれるとおもいます。孫の名前が入ったグッズはおじいちゃんやおばあちゃんには嬉しい一品のようですから、オススメです。

趣味の世界でのノベルティグッズの活用法

ノベルティというと、企業で貰う事が多いですが、最近はネットで小ロットから受け付けてくれるとあって趣味の世界でも広がっています。例えば私がノベルティを貰ったのは同人誌の即売会場でした。同人誌のイベントなんかだと、買った人に対してアメなんかをおまけでつけてくれるようなサークルもあったりするのですが、私がもらったのは漫画のキャラクターのなまえがひらがなで入ったえんぴつでした。遠い昔小学校入学の時に親戚から入学のお祝いとしてもらったような名入りえんぴつ。貰った記憶がある人も多いのではないでしょうか。自分の記憶とあいまって、その漫画の登場人物の小学校の頃はどうだったのかなー?と想像を膨らませつつおもしろいノベルティを貰ったなーと今でもよく覚えています。なんでもないですけど、アイデアが光るノベルティですよね。こういうちょっと変わった、だけど割と安くできるノベルティって良いなあと思います。たとえば同人誌即売会なんて限られた人しか足を運びませんが、ネットのオフ会なんかだと顔と名前覚えてもらうために何かグッズを作って配ってみるというのも楽しいかもしれませんね。何なら先に話したえんぴつでもいいとおもいます。いっぺんで「えんぴつのひと」だと覚えてもらえますしね。